【体験談】PROGRIT受講2ヶ月でTOEIC600点代→800点代に上げた最短勉強法!

pro-grit-top

・TOEICの得点を上げたいけど、忙しくてなかなか勉強時間が取れない

・いろんな勉強法が溢れていて、TOEICを上げる最短の勉強方法がわからない

このような悩みを持つ社会人の方、多いのではないでしょうか。

ぼくも英語を勉強しなくてはいけないと考えていながらも、毎日残業でクタクタ。家に帰ると勉強する気が起こらず、十分な勉強時間を確保できませんでした。

また、ネットで勉強方法を探してやってみたものの、「本当にこの方法で効果が出るんだろうか…」と考えてしまい、勉強がちっともはかどらなかったことがありました。

 

ぼくと同じようにTOEIC対策に悩んでいる方にとって、最近流行りの英語コーチングスクールを利用するという方法があります。

実際、ぼくもPROGRIT(旧名称:TOKKUN ENGLISH)というスクールに入会し、2ヶ月でTOEICを695点から830点にアップさせることができました。

PROGRITでどんな勉強をしたのか、詳細な体験談とともに、どんな人にオススメなのかについて個人的な見解を紹介します。

英語力アップが必要だった理由

まず、なぜぼくが英語力を上げなければならなかったのかというと、2ヶ月後に異動を控えていたからです。

しかも異動先は、ほぼ毎月海外出張に行くようなグローバルな部署。

この時点でぼくの英語力はTOEIC695点なので、グローバルな仕事をするにはさすがに英語力が足りませんでした。

せっかくの機会だと思い、短期間で英語を確実にアップさせるために英語コーチングスクールへの入会を検討することにしました。

 

PROGRITとは

PROGRITとは、2ヶ月という短期間で圧倒的に英語力を伸ばすための英語コンサルティングサービスです。

従来の英会話スクールのように英会話レッスンを提供するのではなく、英語学習の全面的サポートを提供するサービスになります。

 

具体的な違いは何かというと、例えば学習時間です。

従来の英会話スクールは1週間に1時間のレッスンなので、1ヶ月あたり4時間です。

一方PROGRITは、1ヶ月あたり80時間勉強することを求められます。

「趣味で英語をやりたい方は来ないほうがいい」とトップに書いてあるほどスパルタなんです。

 

しかし、スパルタなだけに成果は圧倒的です。

公式サイトでは、TOEICが2ヶ月で300点アップした方もいるようです。

 

コースとしては、ビジネス英会話コースとTOEICコースの2コースがあります。

スクールの場所は主に首都圏で、2018年8月現在、池袋、新橋、神田、新宿、横浜、梅田、有楽町の7校になります。

週1回、対面でカウンセリングを受けるため、通えることが入会の条件になりますね。

料金は2018年8月現在、2ヶ月コースで32万8,000円+入会金5万円です。

詳細は以下のPROGRIT公式ホームページをご参照下さい。

【PROGRIT】

 

 

PROGRITに決めた理由

カウンセリング

決して安い金額ではないため、まずは無料カウンセリングに行って判断することにしました。

ぼくに対応してくれたカウンセラーはなんとPROGRITの現・代表取締役社長の岡田さん。

カウンセリングに社長が出てきたことにまずビックリ。

 

最初は簡単なレベルチェックを行い、ぼくのウィークポイントとその学習方法について説明を受けました。

その説明が非常に論理的で納得感のあるものだったので、ぼくはPROGRITに入会することを決めました。

 

例えば、ぼくのウィークポイントであるリスニングの勉強法について以下のような説明を受けました。

 

・英語を聞いたときに、その音がどの単語かを認識する「音声知覚」と、その単語が何を意味するかを理解する「意味理解」が必要

「音声知覚」に慣れていない人は、無意識にその単語を認識するためのトレーニング(=シャドーイング)が必要

「意味理解」に慣れていない人は、無意識に単語の意味を理解するためのトレーニング(=単語暗記と速読)が必要 

いかがでしょうか?非常に納得感がありませんか?

リスニングを強化するには、シャドーイングだけではなく速読も必要、というところがぼくにとって目からウロコでした。

できない理由と克服するための勉強法について、納得感のある説明をいただけたので、信頼できると感じました。

 

PROGRITのカリキュラム

how-to- learn

コースは「TOEICコース」を受講

ぼくはカウンセリングでビジネス英会話コースを希望したのですが、「TOEICが800点以上でない場合は基礎力不足なので、まずはTOEICコースを受講した方がよい」と言われてしまったため、TOEICコースを受講することになりました。

カウンセリングで割とハッキリ言われてしまったため、正直ショックを受けました…。

が!確かにTOEICのリスニングで対して点数を取れていないのは基礎力不足なので、おとなしく受講することにしました。

 

「TOEICコース」の内容

具体的に勉強した内容は以下の5つです。

1つ1つ説明します。

(1)音声知覚の自動化(シャドーイング)
(2)意味理解の強化(速読)
(3)単語データベースの強化(単語暗記)
(4)文章構造の理解(文法)
(5)TOEIC模試

(1)音声知覚の自動化(シャドーイング)

TOEIC模試のリスニング問題(Part3、4)の文をシャドーイングしました。

 

驚いたのが繰り返す回数です。

同じ文章を毎日50回シャドーイングし、最後に録音してコンサルタントに送りフィードバックを受けます。

コンサルタントからは抜けている音や単語、抑揚がギクシャクしている部分をフィードバックしてもらえました。

だいたいそれを3,4日繰り返し、コンサルタントからOKをもらえたら次の文章に進みます。

単調な繰り返しなので辛かったですが、自分で正しく発音するために毎日50回も集中して聴くことで、確実に「音でその単語を認識する力」が上がったと思います。

 

(2)意味理解の強化(速読)

TOEICの長文問題(Part7)対策の参考書を使い、速読練習を行いました。

 

よかったのが、毎回読解時間を計って読解速度WPM(Word Per Minutes/1分あたりに読んだワード数)を確認することです。

TOEICの問題は、制限時間内に解き終えるのは非常に大変です。

解き終えるためには150WPMが必要なので、そこを目標として練習しました。

 

ぼくの場合、なんと初回はたったの84WPMで、まったく読解速度が足りていませんでした。

が、繰り返し音読するうちに、120〜130WPMで読めるようになってきました。

速く読むためのコツは「返り読みをしないこと」なので、返り読みができない音読を繰り返すことで読解速度が上がったのだと思います。

 

(3)単語データベースの強化(単語暗記)

市販のTOEIC対策アプリを利用し、1日50単語のペースで単語を覚えていきました。

TOEICは出る単語が決まっていて、指定されたアプリに出てくる単語がTOEIC向けに厳選されていたので、TOEIC対策としては非常に効果的でした。

単語暗記するなら、アプリを使って音と一緒に覚えるのがオススメです。

単語のスペルだけわかっても、リスニング時に発音がわからないと意味がないので。

 

(4)文章構造の理解(文法)

TOEIC Part5、6の文法問題対策で問題集を解きました。

1問30秒以内に解けるように、出題パターンごとに対策をするというものです。

TOEICの得点向上には有効ですが、個人的には英会話に直結するものでもないので、あくまでTOEIC対策として割り切ってやるくらいでよいかと思います。

 

(5)TOEIC模試

TOEICへの慣れと学習成果を確認するため、毎週土日に模試を解きました。

コンサルタントからは土曜、日曜の計2回解くように言われましたが、復習も含めると非常に時間がかかるため週末は1回だけ模試を解くようにしていました。

TOEICは慣れで点数が50点くらい平気で変わるので、得点を上げたいなら模試は必須です。

 

進捗管理方法

また、PROGRITでは進捗管理が非常にしっかりしていました。

週1回、専属コンサルタントとの面談を1時間行います。

そしてその場で、その週の学習計画を立てます。

 

スゴイと思ったのが、学習する日時まで細かく計画することでした。

睡眠や通勤、勤務、退社の時間を考慮し、「どうやったら1日3時間の勉強量を確保できるか」をコンサルタントが一緒に考えてくれます。

根性論でやるのではなく、継続できるように睡眠時間も考慮してくれるのは素晴らしいです。

ぼくの場合は以下のように計画して勉強していました。

 ・出社前に家で1時間
 ・通勤電車内で1時間
 ・帰宅前のカフェで1時間

 

成果:TOEICで695点→830点にアップ!

長い長い2ヶ月を終え、TOEICスコアは135点アップして830点を取ることができました!

・リスニング :325点→435点(110点アップ)
・リーディング:370点→395点(25点アップ)

リスニングについては、シャドーイングと速読の繰り返し練習の効果があったのだと思います。

 

まとめ:本気なら絶対成長できるのでオススメ。ゆっくり勉強したい人や基礎力が不安な人にはオススメしない。

正直なところ、受講している2ヶ月は毎日3時間の勉強量を確保するのは本当に大変でした。

しかし、納得感のある勉強方法と継続できる具体的な勉強計画のおかげでぼくは成果を出すことができたので、本気なら絶対成長できると思います。

 

一方で、自分のペースでゆっくり勉強したい人や、基礎力がまだ不安な人は受講を控えた方がよいでしょう。

細かい文法などの疑問が多すぎると、与えられる課題をこなすのが非常に難しくなります。

個人的な感覚でいえば、TOEIC600点未満であればもう少し基礎力を上げてからの方がよいと思います。

 

少しでも気になった人は、カウンセリングを受講してみてください。

カウンセリングを受けるだけなら無料だし、カウンセリングの後、正式に申し込まなくてもしつこい勧誘を受けることもありません。

むしろ人気で枠が空くまでに時間がかかるケースもあるみたい。

英語の勉強方法について科学的に教えてもらえるので、カウンセリングだけ受講するのもアリかもしれません。

いい感じに利用しちゃいましょう!

↓↓↓PROGRITのホームページ↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いっちー(一ノ瀬 あきら)

国立理系大学院卒業後、某大手メーカーで組込ソフトウェアエンジニアとして10年勤務。異動後、パワハラでメンタルヘルスを崩し休職中。 今回メンタルヘルスを崩してしまったことをきっかけに、本気で「すきな場所で、すきな人と、素直に生きられる働き方」を目指すことを決意し、その手段としてWebエンジニアの修行中。まずはWordpressサイト構築をマスターします。 Wasabiさん主催 #海外フリーランス養成スクール 1期生。 キーワード: 働き方/メンタルヘルス/ダイエット/旅(海外21カ国)/英語(TOEIC830)