【LINEでもできる】オンライン飲み会を食わず嫌いしてる人の背中を押したい

オンライン飲み会

感染症の流行で外出もできないこのご時世、ホントにストレス溜まってしんどいですよね。
そんな中、圧倒的に流行っているオンライン飲み会。
もうやってみましたか?

そうは言っても、オンラインで飲むとかなんか味気ないし、オタクっぽいし…なんて思っている人!
オンライン飲み会、ホンっっっっっトにいいです。絶対。
今までなんでやらなかったんだろうってくらい。

いったいオンライン飲み会の何がそんなにいいのか、そしてやるのに必要なアプリ、更にはオンライン飲み会で気をつけることを、週3回オンライン飲み会をやっているぼくの経験則から説明します。
ぜひよく読んで、友達を誘ってやってみてください!

この記事を読んでわかること
これまでオンライン飲み会をやったことがなかった人が、「食わず嫌いだった…」と気付きます!

オンライン飲み会が本当にメリットしかない理由

実際にやってみて気付きました。
ほぼメリットしかありません。

メリット①:安い

飲み屋で飲むより圧倒的に安いです。
飲み屋だと安くても3,400円はかかるところ、オンライン飲み会なら1000円くらいでいけちゃいます。

メリット②:飲みすぎない・食べ過ぎない

自分の好きな酒や食べ物をほどよくセーブしながら食べることができるので、変に食べすぎなくて済みます。
意外と重要。ダイエッターも健康に注意している人も安心です。
飲み屋で飲むと注文しすぎて食べすぎたり、飲まされて悪酔いしたりしますがそんなこともありません!

メリット③:終電を気にする必要がない

夜中まで飲んでも、終わったら即寝できます。
家だから安心して飲むことができますね!

メリット④:誘いやすい

ネット環境さえあれば遠方の友達でも誘えちゃいます。
これを機会に友情・恋愛復活!なんてのもあり得るかもしれません笑

オンライン飲み会をやるためのアプリ

最近一気にに有名になったZoomや、少人数なら時間無制限でできるWherebyなど、いろんなアプリがあります。
ただ、手軽にやるならLINEが一番簡単です。

手軽にやるなら誰もが持っているLINE

LINEでグループ作成してビデオ通話すればすぐにできます。
LINEなら誰もが持っているし、使い慣れているので簡単ですね。
人数も上限なし、時間も無制限。
フィルターなんかもかけられたりして、けっこう盛り上がりますよ!!

ぼくの場合はパソコン版LINEでビデオ通話しました。
スマホは手元でいじりながらやりたかったので。

スマホは手元でいじりつつ、パソコンかタブレットでオンライン飲み会参加、というスタイルがオススメです。

他のアプリは気になったら使ってみよう

Zoomは1回40分まで

Zoomは、2人なら時間無制限ですが、3人以上だと無料アカウントでは40分までしか接続できない、という制限があります。
だからあんまり長引かせたくない場合に使うのがオススメ。
会議を長引かせたくない場合は強制的に接続が切れるのでちょうどよかったりします笑

また、Zoomはバーチャル背景なんて面白い機能があります。
自分が持っている写真を背景に設定して、プライベートな部屋を見えないようにしたり。
部屋を見せたくない場合はZoomを提案してみるのはアリかもしれません笑

ただ、Zoomはパソコンでやる場合、ブラウザでできないのでアプリをインストールする必要があります。それは少し手間ですね。

Zoomの基本的な使い方は以下が参考になりました。

 

Wherebyは4人までなら時間無制限

Wherebyはパソコンの場合ならブラウザでできます。
しかも4人までなら時間無制限。
URLを送ればアプリのインストールは不要なので、パソコンでやるなら個人的にはオススメです。

ただ、スマホでやる場合はアプリを入れる必要があるのが少し手間ですね。

Wherebyの基本的な使い方は以下が参考になりました。

オンライン飲み会で気をつけること

メリットしかないオンライン飲み会ですが、ちょっと気をつけることがあります。
週3ペースでやってみて気付きました笑

気をつけること①:人数は少なめに

多すぎるとカオスになります笑
せいぜい3,4人くらいでの開催を強くオススメします。

普通の飲み会では、例え30人でやろうと、全員が同じテーマで話す、みたいなことはないですよね。
普通は近くの3,4人で小グループになって話すはずです。

だけどオンライン飲み会だと、全員が1つのテーマで話さないと成立しません。
誰が何を言ってるのか収集がつかなくなります笑

気をつけること②:終わりにくい

終電もないし、飲み屋の店員がお会計を言いにくることもありません。
なので疲れてきたときに、「抜ける」の一言を言うタイミングが難しいです笑

ある程度終了時間を決めて開催するか、あるいは40分の時間制限があるZoomで強制終了、などが角が立たずオススメです笑

気をつけること③:ネット環境が遅い人があるとイライラする

誰か一人通信が遅い人がいると非常に微妙です。
音声途切れて聞き取れなかったり、ビデオ通話が止まったりします。
その場合は最悪ビデオ通話を止めてもらったり、一度入り直してもらったりすると改善することがありますので試してみてください。

このご時勢、オンライン飲み会をやらないのはもったいない!

なかなか外出ができないこのご時勢、やったことがなければ絶対試してほしいです。

オンラインが発達したおかげで、ぼくは本当に救われています。
一人暮らしで話す相手もおらず、仕事でWeb会議するときしか声を出さない生活が続くと身も心も荒んできます。
だけどオンライン飲み会をやることでお金も節約しつつ、その場に一緒にいるかのように飲めるのは本当に最高。

ぜひ試してみてくださいね。

オンライン飲み会のお供にオススメアイテム

せっかくなので、オンライン飲み会で使えるおすすめアイテムをご紹介します。

サーモスの保温抜群!おしゃれタンブラー

オンライン飲み会のとき、ぼくはお酒をゆっくり飲むのですが、そんなとき保温機能があるタンブラーがあると重宝します。
ぼくはサーモスのタンブラーを買ったのですが、本当に気に入ってオフィス用と家用で合計3つ買いました笑
色もおしゃれで保温性も抜群。氷が全然溶けないのでゆっくりオンライン飲みにおすすめですよ。

ソネットの快適お安いインターネット

また、ネット環境が遅い人は、ぜひ光回線を契約してください。
ぼくはWimaxを使っていたのですが、Wimaxは3日で10GB使うと速度制限がかかってしまうんですよね。
ビデオ通話が増えるとちょっとWimaxだと厳しいので、光回線を新たに契約しました。

いろいろ調べて、ぼくはソネット光にしました。

最短2ヶ月後に50,000円キャッシュバックと業界TOPクラスのソネット光。
キャッシュバックも「郵便為替」や「商品券」などではなく、「現金振込」となります。
開通工事にかかる工事費が実質無料。

使ってみても本当に速くて快適、それに意外と月額が安いです。

この時期けっこう工事が混むので、早めの申し込みがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一ノ瀬 悠(いっちー)

「すきな場所で、すきな人と、素直に生きられる働き方」を目指す大手企業会社員。 パワハラで休職→部署を変えて復帰し、なんとか楽しく生きてる経験を活かして、メンタル修理のヒントをメインに発信します。 キーワード: メンタルヘルス/海外旅/英語学習/筋トレ/習慣化 キャリア: 国立理系大学院卒/大手企業社員/元ソフトウェアエンジニア/現在広報系部門/TOEIC830点