【オンライン英会話】ネイティブキャンプ10レッスン目でぼくが感じたメリット・デメリット

【オンライン英会話】ネイティブキャンプ10レッスン目でぼくが感じたメリット・デメリット

オンライン英会話業界では有名なネイティブキャンプ、始めてみました。
感想としては、非常によい!オススメです。

以前ぼくはDMM英会話をやっていて、100レッスンくらいは受講したのですが、個人的な意見としてはDMM英会話よりもネイティブキャンプの方が好きな点が多いです。(DMMも十分よかったですが)

まだネイティブキャンプ10レッスン目ですが、はじめたばかりだからこそ感じたメリット・デメリットやオススメ教材、効果的な学習方法について共有させていただきます。

この記事を読んでわかること
ネイティブキャンプのメリット・デメリット、そして活用方法のヒントがわかります。

ぼくの英語力:TOEIC830点ですが…

参考までに、ぼくの英語力はTOEICは830点、4回ほど超短期(1週間程度)の語学留学に行ったことがあります。

日本人が得意な分野(文法・リーディング)はまだ自信ありますが、スピーキングやリスニングは苦手意識があります。

超短期語学留学の話や、TOEICの得点を上げるために【PROGRIT】 というコーチング系英会話スクールを活用して勉強した話も記事にしています。
よかったら御覧ください。

ネイティブキャンプのメリット

まだはじめたばかりですが、メリットあり過ぎです。スゴイ!

メリット①:先生の質が高い

授業を予約するとき、先生の生徒からの評価を5段階で見ることができます。
高評価(4.5以上くらい)の先生を予約しておけば間違いないです。

10レッスンやって毎回違う先生ですが、ハズレだな〜という先生に当たったことはないですね。
文法的な誤りの指摘もちゃんとしてくれるし、聴き取れなかったらタイプもしてくれます。

メリット②:予約不要ですぐに受けられる

他のオンライン英会話にはなかった、超オススメのメリットです。
予約しなくても、ちょっとやろうかな〜ってときにその場で今すぐレッスン可能な先生を探してレッスンできます。

ネイティブキャンプの検索画面

「今すぐレッスン可能」を選択して検索

そしてスゴイのが「今すぐレッスン可能」で評価の高い先生がたくさん出てくることです。
先生の数が少なければ、評価が低い先生ばかり出てきそうなものですが、実際には5段階評価で4.8以上の先生がたくさん出てきます。
ネイティブキャンプの先生検索結果

メリット③:レッスン画面が見やすい

ネイティブキャンプのレッスン画面
左側のテキストと、右上のビデオ動画、そして右下のテキストチャット。
すべてが1画面にまとまっていて本当に見やすい!
よく考えられていると思います。

詳しくは公式ページの以下を御覧ください。

メリット④:レッスン無制限なのに月額が安い

2020年4月現在で6,480円/月です。
確認したらDMM英会話も同じ値段でした。

1レッスン25分で、もし1日1回受講したら1レッスンあたり209円。
1レッスンが缶コーヒー2本分よりも安い!

そしてネイティブキャンプがスゴイのは1日1レッスンという制限がないところです。
だから最大で1日24時間で48レッスン受講できます!(理論上では笑)
まぁ冗談はともかく、これは平日忙しい社会人には嬉しいですよね。
平日忙しくて受講できなかった分、土日のお休みに受講する、なんてことが可能。
素晴らしいです。

ネイティブキャンプのデメリット

もちろん多少のデメリットもありました。
特に「基本は予約して受講したい」という方は気になるかも!

デメリット:予約にお金がかかる

個人的には好きじゃないシステムですが、予約には別途お金がかかります。
ネイティブキャンプでのみ使える「コイン」を購入し、その「コイン」を使って予約する、というシステムです。
ざっくり換算すると、予約1回につき200円必要。

詳しくは公式ページの以下を御覧ください。

ちょっと高いですよね。

ただ、予約せずに、今すぐレッスン可能な講師を受講する場合は「コイン」は不要です。
ぼくは予約しないで受講しているため、予約にお金をかけたことはないです。
けど、「基本予約して受講したい」と考える人には明らかなデメリットですのでご注意ください。
予約するなら、DMM英会話の方がおすすめです。

ネイティブキャンプのおすすめ使い方

オンライン英会話はアウトプットの練習の場として使おう

オンライン英会話は英会話のアウトプット練習として受講するのがオススメです。

なぜなら、オンライン英会話は会話の瞬発力の練習にはなりますが、自分が知っている表現ばかりを使ってしまうため、新しい表現を効率よく身に付けることが難しいからです。

オンライン英会話以外で、「英単語を覚える」「瞬間英作文」「シャドーイング」など、インプットをした上で受講した方が効果的でしょう。

インプットには「スタディサプリ ENGLISH 」がオススメです。
スタディサプリは月額かかりますが、かけるだけの価値があるサービスです。
ディクテーションやシャドーイングの練習がやりやすくて、本当に作り込まれてます。
またストーリー仕立てになっていてそれを追うのも楽しく、ぼくはネイティブキャンプと合わせて進めています。
7日間は無料体験可能なので、気になった方は試してみてください。

ネイティブキャンプでアウトプットのおすすめ教材3つ

ネイティブキャンプでは教材を選んで受講することができます。
アウトプットの練習になりそうなのは以下3つです。

おすすめ教材①:スピーキング

話す力を強化するため、絵に関する質問に答える・絵の説明をするなど、多数のスピーキング用の練習問題を行います。
警察に止められた場合や、病院での会話など、様々なパターンを練習できます。

おすすめ教材②:トピックトーク

ある一つのトピックについて、自分の意見を伝える・会話文を即興で作るなどを行います。
トピックは例えば、ColorsやHaving petsなど全30トピックあります。
「ペットを飼うことのメリットやデメリットはなんだと思う?」といった質問に対して回答するなど、自分で話す能力を鍛えることができます。

おすすめ教材③:5分間ディスカッション

単なるフリートークではなく、いくつかのテーマの中から好きなテーマを選び、講師と5分間のディスカッションを行います。
テーマは例えばHobbies、Travelなど、全部で100個あります。
コンプリートすればだいぶ英語で討論する力が身に付きそうです。

レベルによって教材を使い分けよう

ぼくのレベルでは、ディスカッションをガンガンするのは正直難しく、5分間ディスカッションはあまり有意義な練習にはなりませんでした。
ある程度シチュエーションを固定して話す練習をまずすべきかと思ったので、スピーキングとトピックトークをメインにまずは進めようと考えています。

上記3つの教材を難易度で示すと、
5分間ディスカッション>トピックトーク>スピーキング
という順序になります。※あくまでぼくの主観です。

あなたの英会話レベルによって、会う教材は異なります。
実際に受けてみて、一番自分にとって勉強になりそうな教材を使うのが効果的でしょう。

まとめ:ネイティブキャンプはメリットたくさんなので試す価値あり

まだ10レッスン目ですが、受けてみてとても効果的だと思ってます。
きっと5分間ディスカッションのテーマを全部やりきるくらいまで継続できたら、相当レベルアップできるのでは…!と期待して50レッスン、100レッスンと続けていきたいです。

ネイティブキャンプ」は登録後1週間は無料体験できますので、気になる方は試してみてください。
本気を出せば1レッスン25分、受け放題なので1週間で400レッスン受講できますよ(理論上は笑)

また、一方で予約して受講したい、と考えている方はネイティブキャンプだと余計にお金がかかります。
その場合は「DMM英会話」を検討してみましょう。
料金は6,480円/月でネイティブキャンプと同等です。
1日1レッスンしか受講できませんが、予約は無料なので予約受講派にとってはDMM英会話の方がオススメです。
25分の無料体験レッスンが3回受講できるので、気になる方は試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一ノ瀬 悠(いっちー)

「すきな場所で、すきな人と、素直に生きられる働き方」を目指す大手企業会社員。 パワハラで休職→部署を変えて復帰し、なんとか楽しく生きてる経験を活かして、メンタル修理のヒントをメインに発信します。 キーワード: メンタルヘルス/海外旅/英語学習/筋トレ/習慣化 キャリア: 国立理系大学院卒/大手企業社員/元ソフトウェアエンジニア/現在広報系部門/TOEIC830点