結婚失敗してすぐ離婚しそうだから結婚に関する本をたくさん読んでみた

結婚に失敗して離婚しないために

HAPPY HELLO WORLD !いっちーです。

30代独身、結婚歴なしのぼくですが、正直結婚が怖いです。
だけど、周囲から「あいつ結婚してないしなんかヤバイ奴やん」という謎の圧力も感じる今日この頃…笑

よくわからないことは先人の智慧を借りよう!ということで、「結婚」をキーワードに本を10冊ほど読んでみました。
すると、多くの先人が経験した結婚にまつわる失敗エピソードやその回避方法が山のように出てきました。

結婚に対してこんなマイナスイメージの記事を書いていたぼくでも、本を読むことで少し前向きな気持ちになれました笑

この記事を読んでわかること
結婚のリアルと、ネガティブ要素の現実的な対処方法がわかります。
(結婚したくなるかは個人次第)

ぼくの結婚に対する正直な思い

・結婚してもいいけど、やりたいことができなくなるのは嫌だ
・子供は欲しいとは思わない(自分のやりたいことを優先したい)
・一生同じ人を愛し続けるなんて普通無理じゃない?

…と、ぼくはだいぶ身も蓋もないほど結婚ネガティブ論者です笑

とはいえもやもやするので結婚に関する本をたくさん読んでみた

本を読むと、いろいろなことがわかってきます。
特におすすめは以下の2冊。

1冊目は漫画タイプでとても読みやすいです。
著者は女性なので、女性が読んだ方が共感できるかもしれません。

著者は1度焦って結婚してみたものの、その結婚生活に違和感を覚えて離婚します。
自分が本当に求めていた結婚生活と違ったから。
そして次はしっかり話し合った上で、「事実婚」という形式を選びます。
事実婚すると、夫婦別姓にできたり、住民票を一緒にすれば行政からは家族扱いになるらしいんですよ!
知らないこと満載で、とてもためになりました〜。

2冊目は、「ビジネスパーソンのための」というタイトルからわかるようにロジック大好きな男性向け。

著者はリクルートに在籍していた人で、1万人のインタビューからわかった、結婚にまつわる後悔を50にまとめて、それぞれ対策を提示してくれています。
論理的でぼくにとってはスッキリ納得できる話が多く、とても参考になりました。

本が教えてくれたこと①:いろんな形の結婚がある

前の項でも書きましたが、「法律婚」以外にも「事実婚」という形式もあるんですね。

「事実婚」の中には、住民票を一緒にするケース(同一世帯)と、一緒にしないケース(別世帯)があります。
住民票を一緒にすると夫婦別姓を維持しつつ、法律婚に近い形で暮らすことができたりします。

なんというか、結婚もカスタマイズすることができるんだ、ということが新鮮な驚きでした。
まだ具体的なイメージは沸かないけど、自分がいいなーと思える形を追求すれば結婚に対してポジティブになれるかもしれない、と思えました。

本が教えてくれたこと②:結婚とはマネジメントである

結婚生活って、会社の仕事と同様にマネジメントしないとうまくいかないもの、(らしい)です。

職場でも、仕事仲間に対して「いい人なんだけど、仕事の進め方がなんか合わない」って思うことありません?
それって、「恋愛結婚したけど、一緒に暮らしてみるとなんか合わない」になんか似てます笑

けどそれって、お互いのやり方を事前に認識合わせして、妥協点を見つけられれば割とやりやすくなったりしますよね。
そうやって一個一個マネジメントしていくと、居心地悪かった職場でも家庭でもなんか居心地よくなります。

そう考えると、結婚前に徹底的に認識合わせすると、割とうまくいくのかな?なんて思えました。

結婚前に本音を全部ぶつけてみるしかない

いろいろ本を読んで感じたのが、「自分の本音を隠して結婚しちゃうとしんどいな」ってことでした。

結婚って、子供の有無、親との同居、介護など、直面するとしんどいからあいまいにしがちな事がたくさんあります。
そういった部分について、事前に本音で話さないと、チリツモが溜まってどこかでストレスが爆発しちゃうんじゃないかなぁ、と。

話した結果、「やってられっか!」って別れちゃうかもしれませんのでそこは自己責任ですが笑

ともあれ、ぼくがもし結婚するかどうか悩んだら、付き合っている彼女に洗いざらい本音をぶちまけてみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一ノ瀬 悠(いっちー)

「すきな場所で、すきな人と、素直に生きられる働き方」を目指す大手企業会社員。 パワハラで休職→部署を変えて復帰し、なんとか楽しく生きてる経験を活かして、メンタル修理のヒントをメインに発信します。 キーワード: メンタルヘルス/海外旅/英語学習/筋トレ/習慣化 キャリア: 国立理系大学院卒/大手企業社員/元ソフトウェアエンジニア/現在広報系部門/TOEIC830点