初めての海外旅行で必要な英語力は?【高度な英語力は不要!簡単な準備でOK】

初めての海外旅行で必要な英語力は?【簡単な英語でOK。高度な英語力は不要です】

初めての海外旅行。楽しみな半面、現地で英語使わなきゃいけないのって不安ですよね。

学校で勉強して以来、全然英語使ってない人なら尚更「今の自分の英語力で大丈夫?」って心配になると思います。

ぼくも初めての海外旅行のときはとても不安でした。
しかし、実際に行ってみたら高度な英語力なんて不要ってことに気付きました。
ただ、旅行向けの最低限の準備というのは必要ということもわかりました。

ぼくの場合、初めての海外はドイツ。
全然英語できなくてカフェでの注文にも怯えるレベルでしたが、今は店員と世間話を楽しめるくらいになりました。

この記事では、初めての海外旅行で高度な英語力が不要な理由と、不要とはいえ楽しむために必要な準備をご紹介します。

この記事を読めば、英語力に不安があってもしっかり準備して海外旅行を楽しめますよ。

この記事の結論
初めての海外旅行に高度な英語力は不要です!
ただし、楽しむために旅行向けの準備はしましょう。

初めての海外旅行で高度な英語力は不要な理由

もしあなたが現地の人と会話を楽しむことを目的にするなら、高度な英語力は必要です。

ですが、もしあなたがホテルやレストランなど、必要最低限のコミュニケーションさえ成立すればよいと考えているなら、高度な英語力は全く不要と考えてよいでしょう。

なぜなら、海外旅行で使う英語はパターンが非常に限られるからです。

例えば空港のチェックインカウンターで以下のように聞かれたとします。

チェックインカウンター
Window or aisle ?

旅行に慣れた人は、一瞬で
「あぁ、飛行機の座席で窓側か通路側、どっちがいいか聞いてるんだな」
とわかるでしょう。

しかし慣れてない人は、一瞬戸惑うことでしょう。
学生時代、英語が得意だった人でも、aisleが通路ってことを意外と忘れてるんじゃないでしょうか?

実はぼくも初めて海外に行ったとき、忘れていました笑
海外旅行向けの英単語って、意外と授業で習わない内容が多かったりします。

だから、海外旅行では「高度な英語力があるか」よりも、「どんなことを聞かれるか?」「どんなことを言うか?」についてシチュエーションごとに知っておくことの方が重要になります。

海外旅行に必要な準備(1)シチュエーション別にどんなことを聞かれるかを知っておこう

どんなことを聞かれるか知っておくと余裕を持って会話できるはずです。

例えば、レストランに行った場合を考えてみましょう。

どのような順序でどんなことを聞かれるでしょうか?

レストランに入った場合に聞かれること
1.人数を聞かれる(How many people ?)
2.注文を聞かれる(Ready to order ?)
3.支払い方法を聞かれる(How will you pay for?)

まず人数を聞かれたら、なんて答えますか?

文なんか不要です。数字だけで通じます。

店員さん
How many people ?(何人ですか?)
いっちー
Two.(2人です)

こんなもんでOKです。

日本でも、単語で答えるケースなんてよくありますよね?
文で答えようとして間違えるより、単語でサクっと答えた方が伝わるし簡単ですよ。

注文を聞かれたらメニューに書いてあることを指差して読めばいいし、支払い方法を聞かれたらcash(現金で)かcredit(カードで)のどちらかでOK。

どんなことを聞かれるか?/どういう答え方があるか?を知っておきましょう。

海外旅行に必要な準備(2)簡単に言いたいことを伝える言い方を知っておこう

伝えたいことがあるけど、言い方がわからないってこと、ありますよね。

だけど簡単に言いたいことを伝える言い方って実はけっこうあります。

例えば、レストランに入って、「このお店、WiFiありますか?」って聞きたい場合、なんて言いますか?

そのまま日本語を英訳しようとすると、一瞬アレ?ってなるかもしれませんが、

いっちー
Do you have WiFi ?

でOKです。

サービスがあるかどうか質問するとき、だいたいDo you have〜?で伝わります。

学校の授業だけだと、こういった使い方ができるってなかなか気付けないかと思いますが、簡単で便利に伝わる表現って意外にたくさんあります。

他にも、便利で簡単表現はいくつかあります。
参考までに、ぼくがよく使うフレーズをまとめておきますね。

便利で簡単に伝わるフレーズ
〜, please.(〜、お願いします)
Could I have 〜?(〜をもらえますか?)
I’d like to〜./I’d like 〜.(〜したいのですが/〜をいただきたいのですが)
Do you have 〜?(〜はありますか?)
I’m looking for 〜.(〜を探しているんですが)
Where is 〜?(〜はどこですか?)
Would you 〜?(〜してもらえますか?)
May I 〜?(〜してもいいですか?)
Is this 〜 ?(これは〜ですか?)

見ての通り、中学生レベルの英語しか使ってません。
〜の部分に当てはめる名詞や動詞は使うときにググればOKです。

まとめ:初めての海外旅行に高度な英語力は不要!旅行向けの表現だけ知っておこう

海外旅行で使う英語のパターンは限られています。
知っておいた方がよいのは以下2つだけ。

海外旅行に行く前に知っておいた方がいいこと
・シチュエーション別にどんなことを聞かれるか?/どういう答え方があるか?
・簡単に言いたいことを伝える言い方

この2つが綺麗にまとまっているおすすめ本があります。

ぼくも初めて海外に行ったとき、飛行機で読んでました。

そして現場でさっそく使ってみて、「通じた…!」って嬉しくなりました。
Kindleなど、電子書籍で持っていって飛行機で読むだけで、海外旅行がもっともっと楽しくなりますよ!

【参考】もっと海外旅行を楽しむために:英語をもっと勉強してみよう

とはいえ、海外旅行をもっと楽しむには、英語は話せた方が絶対楽しいです。

現地のカフェ店員と世間話したり、ツアーで出会った人と仲良くなったり。
海外旅行の楽しみ方が一気に広がりますので、旅好きなら絶対英語を勉強するのがおすすめですよ。

ぼくは社会人になってから英語の勉強を始めて、短期の海外語学留学に行ったり、オンライン英会話やったり、超厳しいコーチングスクールに通ってTOEIC200点くらい上げたり、旅先で出会いがあったり(?)といろいろやりました。

よかったら参考にしてみてくださいね。

海外短期語学留学

オンライン英会話

超厳しいコーチングスクール

旅先の出会い(?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一ノ瀬 悠(いっちー)

「すきな場所で、すきな人と、素直に生きられる働き方」を目指す大手企業会社員。 パワハラで休職→部署を変えて復帰し、なんとか楽しく生きてる経験を活かして、メンタル修理のヒントをメインに発信します。 キーワード: メンタルヘルス/海外旅/英語学習/筋トレ/習慣化 キャリア: 国立理系大学院卒/大手企業社員/元ソフトウェアエンジニア/現在広報系部門/TOEIC830点