【30代の体幹筋トレダイエット】実践編 〜やや筋肉めいた筋が見えた第2週目〜

diet-2-comparison

2週間前から、3ヶ月でマイナス6kgを目指す体幹筋トレダイエットを開始したいちのせです。

詳しくはこちら!↓↓↓

 

そして1週目は驚異のマイナス2kgに成功しました↓↓↓

 

果たして今週の結果はいかに…!?

第2週目の結果:順調に減少

・体重  :64.0kg→61.4kg(開始比:−2.6kg、先週比:−0.6kg)

・体脂肪率:21.8%→20.4%(開始比:−1.4%、先週比:−0.6%)

・筋肉率 :39.1%→39.8%(開始比:+0.7%、先週比:+0.3%) 

 ※筋肉率=体重に占める筋肉の割合(概算)

weight-graphfat-rate-graph

 

 

 

 

 

 

 

第1週目の勢いは衰えたものの、1週間に0.6kg減量であれば上出来。

順調に減量できています!

体脂肪率の誤差に注意!

ただ、体脂肪率については右側のグラフを見てわかるように、1日で1%以上も増減があって誤差が大きいです。

これは体重計による体脂肪率の測定方法に原因があります。

筋肉は脂肪の約10倍電気が流れやすいという性質があります。つまり筋肉が多いほど電気が流れやすくなるのですが、体組成計はこの性質を利用して体脂肪をはじめからだを構成する組成分を計測します。

筋肉に電気が流れやすいのは、脂肪に比べてより多くの電解質を含む水分があるからです。しかし、成人男性で体重の約60%を占めるという体内の水分の状態は非常に変化しやすく、水分状況が安定しないタイミングで体組成を計測すると結果にばらつきが出てしまいます。

体脂肪率を測るのは入浴後が一番オススメらしいのですが、入浴後って食事直後だったりして体重が安定しないのが嫌なんですよね。。。

なのでぼくとしては起床後30分から1時間後の測定とし、体脂肪率は誤差がある前提で増加・減少傾向のみをチェック、という方針でいきます。

 

ダイエットの大敵:飲み会の対策方法

ヒヤっとしたのが、今週水曜にあった飲み会です。

この2週間のダイエットで順調に減量できているのは、ひとえに自炊による食事量コントロールのおかげだと思っています。

すなわち「ダイエットの敵は外食」と言っても過言ではないわけですが、今回は「寝る3時間前以降は食べない」「お酒は後半ハイボール」作戦で体重キープに成功しました。

お酒については、焼酎やウイスキー・ハイボールなどの蒸留酒がカロリー低くてオススメです。

砂糖がたくさん入ったリキュールや、酎ハイなどの混成酒は高カロリー。同じアルコールであれば、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒の方が血糖値は上がりにくく太りにくいです。

 

見た目の変化:やや筋肉めいた筋が…!?

正面

muscle-change-front-2

サイド

muscle-change-side-2

やや筋肉めいた筋が…見える気がする…!?

と、ぼくは思ったのですが、残念ながら筋トレの効果が出るのは早くて1ヶ月後、とのこと。

勘違いでしたwww

悲しい…

 

きっと第4週目の報告ではもう少し明らかな変化が見られるはずです!

 

おわりに

ようやく第2週目が終わりました。

ここまでは順調ですが、少し頑張りすぎ?かもしれません。

目標は3ヶ月でマイナス6kgなので、1週間でマイナス0.5kgペースでOKなのですが、現時点のペースは1週間でマイナス1.3kg。

 

ここからはペースが落ちるかもしれませんが、なんとか継続していきたいと思います。

ツイッターでダイエットの状況は流しますので、よかったらフォローしてくださいね。(@ichinose_you

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いっちー(一ノ瀬 あきら)

国立理系大学院卒業後、某大手メーカーで組込ソフトウェアエンジニアとして10年勤務。異動後、パワハラでメンタルヘルスを崩し休職中。 今回メンタルヘルスを崩してしまったことをきっかけに、本気で「すきな場所で、すきな人と、素直に生きられる働き方」を目指すことを決意し、その手段としてWebエンジニアの修行中。まずはWordpressサイト構築をマスターします。 Wasabiさん主催 #海外フリーランス養成スクール 1期生。 キーワード: 働き方/メンタルヘルス/ダイエット/旅(海外21カ国)/英語(TOEIC830)