【30代の体幹筋トレダイエット】本当に痩せられるか実践・検証してみる

core-musule-diet

30代に突入してもスポーツはしまくっているいちのせです。

そんなぼくのところにも、ついにアレがきました。

えぇ、アレです。

30代になると突如として現れるアレ。

 

そう。

 

「ぽっこりおなか」

my-body-start

 

うわ。本当にヤバイ。これはヤバイ。。。

服も似合わなくなるし、スポーツするとき身体が重いし、外見への自信もなくなってくるし。

というわけで3ヶ月間、ぼくが本気で体幹筋トレダイエットを実践・検証してみることにしました。

 

せっかくなのでプロジェクトっぽく期間を区切って真面目に取り組んでいきたいと思います。

 

そもそも、ダイエットになぜ「体幹筋トレ」なのか?

世の中にはいろいろなダイエット方法がありますね。

糖質制限、ファスティング(プチ断食)、ヨーグルトダイエットなど。

短期間で効果が出て、どれも魅力的な方法に思えますが、ぼくの趣旨には合っていませんでした。

 

「リバウンドせず、スポーツも継続できるよう健康的に、かつ食欲をなるべく我慢せずに痩せたい」

 

わがままとか言わないでくださいー本心ですからw

実は糖質制限は一度試したことがあります。

そのときは確かに体重は落ちたものの、ときどき恐ろしい飢餓感?に襲われて反動でバカ食いし、リバウンド。

ファスティングは試したことはないのですが、一時的に体力が大きく落ちそうです。

その点、「体幹筋トレ」は、基礎代謝も上がってリバウンドしにくく、スポーツをする上でも体幹が鍛えられ、食欲も筋トレベースなので大きく我慢しなくてよい。いいことずくめ。(たぶん)

ダイエットのゴール設定

現状とゴールを下記のように設定しました。

期間:3ヶ月(2018年6月7日〜9月6日)

体重:64kg → 58kg (マイナス6kg)

体脂肪率:22.8% → 15%(マイナス4.8%)

このゴールは、ぼくが「ベストだなー」と感じていたときの体重、体脂肪率です。

実は2013年から、体重と体脂肪を(気が向いたときだけ)測っていました。

以下がそのグラフで、左が体重、右が体脂肪。

体重にの下限は58kg,体脂肪は15%で、このときが一番バランスがよかったのでまずはここを目指します!

weight-graph fat-rate-graph

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにぼくと体脂肪率15%を並べるとこんな感じ↓↓↓

compare-my-body-fat-rate-15percent

 

 

 

 

 

 

 

うわぁ全然違うw

写真をしっかり撮って、GIF動画にでもして肉体の変化を見てわかるようにしていこう。

 

結果にコミット!ダイエットルール鬼の2か条

ゴールは設定しましたが、ではどうやるか?

やりきれなければ意味がないため、なるべくシンプルに以下の2つのルールを設定しました。

第1条 寝る3時間前には食べない

第2条 体幹筋トレを週3日行う

続かなければ意味がない!継続するための習慣

実際難しいのが、「確実に続けること」なので、以下のように継続習慣も設定します。

1.毎日体重・体脂肪を測ってツイッターに流す

2.毎食、食べたものを写真に撮ってツイッターに流す

ツイッターに公開して、自分にプレッシャーをかけていきます。

そうすれば3日坊主なぼくもきっと続く…(はず)

 

おわりに

ちょっと甘いルール設定かもしれませんが、まずはこれでスタートしていきます。

まずは1ヶ月、ただ続けることを目標に。

途中経過は週に1回、数値・写真とともに更新していきますね。

ツイッターでつぶやかなくなったら、メッセージで罵倒してくださいー。

 

これまでの経過はこちら↓↓

【30代の体幹筋トレダイエット】本当に痩せられるか実践編〜第1週目〜

 

【30代の体幹筋トレダイエット】実践編 〜やや筋肉めいた筋が見えた第2週目〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一ノ瀬 悠(いっちー)

「すきな場所で、すきな人と、素直に生きられる働き方」を目指す大手企業会社員。 パワハラで休職→部署を変えて復帰し、なんとか楽しく生きてる経験を活かして、メンタル修理のヒントをメインに発信します。 キーワード: メンタルヘルス/海外旅/英語学習/筋トレ/習慣化 キャリア: 国立理系大学院卒/大手企業社員/元ソフトウェアエンジニア/現在広報系部門/TOEIC830点