30代独身(男)が考える幸せな結婚は「いいとこ取り婚」

幸せな結婚はいいとこ取り婚

HAPPY HELLO WORLD ! いっちーです。

30代になって、友達が結婚してしまい、遊び相手もいなくなってきた最近。

あせって結婚しなきゃ…なんて焦っている30代独身男性のみなさん!

 

  • いや、そもそも結婚って自分に本当に必要ですか?
  • まわりで結婚した人、幸せそうですか?

 

もうなにげに30代中盤となっちゃったぼくの身の回りにはいろいろな人がいます。

結婚して幸せそうな人もいれば、結婚して愚痴ばっかり言っている人もいて、

独身で楽しそうに遊んでいる人もいれば、寂しそうにしている人もいます。

いろんな人の話を聞いて、結婚って本当に幸せになれるの?ってことを改めてぼく目線で考えてみました。

ぼくと同じ立場の人は、自分なりの結婚観を明確にしてほしいし、間違ってこれを読んじゃった女性はこっそりリアルな感想を教えてください笑

結婚して得られるものと失うもの

ぼくのまわりの既婚者の意見を拾って、結婚して得られるものと失うものを列挙してみるとこんな感じ。

多分にぼくの個人的な考えも入っているので、反論は認めます笑

 

得られるもの

  • 1人ではない生活
  • かわいい子供
  • 社会的な立場(既婚)
  • 将来一緒にいる相手(奥さん or 旦那)

まず、普通は結婚したら同居するので、奥さんと2人暮らしから始まりますね。

そしてお互いが望んで子宝に恵まれればかわいい子供が生まれます。

ぼくはピンと来ないのですが、子供がいる友人と話すと、「昔は子供がかわいいなんて思わなかった。だけど自分の子供だけは本当にかわいい。」なんてことを言ってました。

 

そして社会的な「既婚」という立場を手に入れることができます。

会社にいるとよく感じるのですが、やっぱり「独身」はどこか半人前、というか「結婚したくてもできなかった人」というイメージがつきまとう気がします。

気にしなければそれまでだけど、気になる人はきっといるでしょう。

「選んで独身でいるんだよ!」と叫んでもどこか負け惜しみ感がにじみ出てしまうのはなぜだろう…。

 

また、よく言われるのが、「独身だと歳を取ったときにさみしくて大変だよ」という言葉です。

結婚すると、基本的には生涯一緒に居ることを誓うので、将来一緒にいる相手を得られる、と考えてよいでしょう。

まぁ日本の離婚率は約35%に達しているので、結婚したうちの3人に1人は離婚するわけですが。。。

 

失うもの

  • 1人になれる時間・場所
  • 自由な時間
  • 自由なお金
  • 自由な恋愛

まず、同居することで1人になれる時間・場所を失います。

そして結婚すると財産は共通になるため、自由に使える時間やお金はなくなりますね。

最近結婚した友人は、浮気癖もなく超健全な趣味(テニス)をしているのですが、結婚してからはテニスするのにスゴイ気を遣うようになったそうです。

奥さんは特に趣味もないので、休日は旦那と一緒にいたい。だけど友人はテニスに行きたい。

無理してテニスに行くとものすごい悲しそうな雰囲気を出されるので、普段は我慢して、奥さんが用事があってでかけるときだけ、彼はテニスに出かけるそう。うう、涙ぐましい。

 

そして意外と重要なのが、自由な恋愛ができなくなること。

結婚によって法的な制限がでてくるため、なんかやらかした場合は莫大な慰謝料を払わなければなりません。

まぁある程度若いうちしか関係ないかもしれないですが。

 

結婚して得られるものと失うものは本質的には同じ

整理してみると、結婚すると「1人ではない生活」を得て、「1人になれる時間・場所」を失う。

つまり、「1人ではない生活」が欲しい人にとっては結婚は価値があって、「1人になれる時間・場所」が大切な人にとっては結婚に価値がないってことですね。

なにかを得れば反対のなにかを失うだけです。

 

そう考えると、結婚したら価値があることしかない「いいとこ取り婚」ができれば最高なんじゃない?なんてシンプルに思っちゃうわけです。

 

「いいとこ取り婚」ができれば最高

じゃあ、結婚で失うものを極力減らして、得るものを最大化する「いいとこ取り婚」が、ぼくにとってどんなものかを考えてみました。

 

ぼくの場合、「1人になれる時間・場所」は絶対必要です。

正直、週末だけ一緒にいる「週末婚」か、2週間に1回一緒にいる「2週末婚」くらいがちょうどよいです。

時間については、義務的に一緒にいなきゃいけない、みたいなケースがなければいいかなー。

毎週必ず一緒にいるって固定されるとしんどそう。

お金は共通口座は作ってもいいけど、個別口座はそれぞれ持っておきたい。

恋愛は、正直生涯1人を好きになり続ける自信はあまりないです。

なので、結婚式を挙げたとしても永遠の愛を誓うことができないので、「好きじゃなくなったら正直に言いましょう」みたいな方がカジュアルでいい感じです。

 

まとめるとこんな感じ。

  • 週末婚 or 2週末婚
  • 義務的に一緒にいる時間はつくらない
  • お金は共通口座を作り、個別に口座を持つ
  • 他の人を好きになっちゃったら正直に言っちゃう(お互い)

あれ、これって一般的にはクズかな…?笑

 

まとめ:いいとこ取り婚したい!!

書いていて、ぼくは結婚なんてしちゃいけないんだな、と改めて感じました笑

だけど正直相手次第なのかな、とも思います。

結婚して失うものは、相手の性格によっては回避可能なものかもしれない。

お互い1人の時間を大切にしたいのであれば、お互い1人の時間と一緒にいる時間を調整できればいいですよね。

そんな生活は単純に同棲するよりもお金かかっちゃいそうですけど笑

自分にとって大切なことをお互い理解・共有できる人が見つけると、幸せな結婚というものはあるのではないでしょうか。

とりあえずぼくはそんな生活ができるよう、お金を貯めておくことにします笑

 

最後に、堀江さんが結婚に関して著書の中でぶっ飛んだことを言っていたのでご紹介します。

前半は納得できるけど後半は微妙かな… (あくまでぼくの見解です)

「孤独が不安」なら、結婚にすがるべきではない

孤独が不安だというのなら、どれだけ続くかもわからないたった一つの人間関係に、自分の人生を委ねるほうがよほどリスクが高い。

それよりは、Facebookなどで幅広い人間関係を作ったほうがはるかにリスクヘッジになるはずだ。

(堀江貴文『本音で生きる』より引用)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いっちー(一ノ瀬 あきら)

国立理系大学院卒業後、某大手メーカーで組込ソフトウェアエンジニアとして10年勤務。異動後、パワハラでメンタルヘルスを崩し休職中。 今回メンタルヘルスを崩してしまったことをきっかけに、本気で「すきな場所で、すきな人と、素直に生きられる働き方」を目指すことを決意し、その手段としてWebエンジニアの修行中。まずはWordpressサイト構築をマスターします。 Wasabiさん主催 #海外フリーランス養成スクール 1期生。 キーワード: 働き方/メンタルヘルス/ダイエット/旅(海外21カ国)/英語(TOEIC830)